読書と資格試験勉強の日記

読書と勉強の日記です

小川洋子『博士の愛した数学』

久しぶりの更新。引っ越しや子どもが生まれたりで忙しく更新できず。

今日は育休休み。夜中に子どもが泣いた影響で朝はふらふら。午前中は寝て過ごす。午後は読書や子どもの面倒を見て過ごす。少し駅前の本屋に行き本を購入。

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 

 第1回本屋大賞受賞作。日本の現代小説を読んでみたくて購入。読みやすく、出てくる数学もわかりにくいものはなく共感して読むことができる。数年前の自分だったら絶対に読んでないタイプの小説。

シェイクスピア

朝はウォーキング。

今週は研修。研修場所が家から2時間のところ。その間、読書。 

最近シェイクスピアの本ばかり読んでるような。シェイクスピアの生涯から、その劇の特徴まで幅広く紹介されてる。シェイクスピアの入門書としては最適。 

ロミオとジュリエット

朝はウォーキング。ウォーキング中、腰が痛くなるのが気になる。その後、スタバで簿記2級の勉強。来週、試験だが全く勉強していないので、たぶん落ちる。その後、図書館に行き、午後は妻の買い物に付き合う。

 読了。

シェイクスピアに関する本を読みたくなり図書館で見つけた1冊。これまで演劇を見たことがないので一度行ってみたくなった。ロミオとジュリエットもう一度読んでみたくなり、本屋で購入した。

ヒルビリー・エレジー

朝はウォーキング。その後、スタバで読書。今日は結婚記念日で妻と一緒にランチ。

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち

 

『日本の分断』を読んで格差や分断に興味を持ったので読んでみた。著者は貧しい白人労働者の家庭に生まれ育ったが、イェール大学ロースクールを出て弁護士になったという人物。この貧しい白人労働者階級がトランプ大統領の支持者と重なるということで、アメリカで話題となり売れたらしい。

私自身は大学院を出ているが、出身は地方の田舎町で、父は高卒という家庭環境で育ったので、自分自身の体験に照らして読んだ。自分も書いてみようかなと思った1冊。